2010年03月10日

子供の打撲:「お腹の愉気」

 次に、臍に愉気をしてください。

特に頭部を打撲したとき、打った処以外にもう一つ大事なのは、お腹なのです。

臍を中心としたお腹の弾力を観察してみてください。

もし臍の両脇の腹筋が筋金のようにビーンと硬直している場合、それはかなり強い衝撃を受けていることを意味しています。

とにかく臍に手を当て愉気をして、息が大きく入ってくるまで続けてください。

お腹の硬直が弛み、お腹で呼吸をするようになりましたら、とりあえずは安心とみます。

そしてこれは特別な例ですが、もっとも危険なのは「犬腹」と呼ばれているもので、お臍が異様にペシャンと痩せたように凹んで、犬のお腹のような感じになるのです。

息を吸ってもお腹が上がってこなくて、小さく息をしているのが特徴です。

このようなときは、一刻も早く、処置を必要とする状態です。

この「犬腹」になるとき、その多くは頭に問題が起きたときで、頭の病気があるときもこうなることがあるようです。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
              (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)  


Posted by 心羽 at 12:03Comments(1)子供の打撲