スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2013年08月09日

症例:腰痛、大腿後側部の痛み(40歳代の女性)

 数ヵ月前から腰が痛むようになり、先月から立ったり座ったりの動作のときに両方の太もも、特に右の太ももの後ろ側にズキッとした強い痛みが走るようになったそうです。
立った姿勢を観察してみますと、痛みのためか腰が後ろに引けています。
うつ伏せで寝ていただいて、腰の状態を観察してみますと骨盤が右に捻れていて、さらに骨盤の右側が高くなっていて、両足の長さに3センチほどの左右差がみられます。
そして腰椎4・5番が右にズレています。
安静時の状態でも、常に腰に弱めの鈍痛があるそうです。

施術開始です。
腰椎4・5番の1側と2側に愉気をします。
右側に強い硬直がみられます。
そして呼吸活点に愉気をします。
両側とも硬くて指が入りにくいですが、時間をかけて愉気を続けます。
骨盤の歪みも整えていきます。
この時点で腰の鈍痛は消失したようです。
立ち上がり時の太ももの後ろの痛みは、左側は消失したようですが右側にまだ少し残っているとのことです。
腰椎4・5番の右ズレもまだ50%程度しか改善されていません。
次に右の股関節に愉気をしていきます。
一見、さほど歪んでいないようにみえますが愉気で観察してみますと右の股関節の気の通りが悪く鈍い感じがします。
しばらく右の股関節に愉気をしてから腰椎4・5番を確認してみたところ、先ほどよりも修正されているようなのでまたさらに念入りに右の股関節に愉気をしていきます。
腰椎4・5番の位置が修正されたのを確認してから、再度、動作確認をお願いしたところ、立ち上がり時の右の太ももの痛みは消失したようです。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp
  


Posted by 心羽 at 10:35Comments(0)症例集