2015年02月26日

風邪・咳

ある日の施術例(5)
「風邪・咳」

「今日診ていただきたいのは風邪なんです、ゴホンゴホン。家族皆でインフルエンザにかかってしまって。
医者から薬をもらって熱は出なくなりました、ゴホンゴホン。鼻水もおとといあたりから少なくなってきました。
今一番辛いのは咳なんです、ゴホンゴホン。
先生にうつしたらいけないので今日の予約をキャンセルしようかどうしようか迷ったんですけど、この辛いのをなんとかしてもらいたくて来ちゃいました。
すみません、ゴホンゴホン」

「私のことを心配してくださってありがとうございます。
私は大丈夫ですからご安心ください。
お医者さんはインフルエンザは何型か言ってましたか?」

「ハイ、確かA型って言ってました、ゴホンゴホン」

「わかりました、ありがとうございます」


施術開始です。
呼吸器系の状態をエネルギーテストしてみますとウイルス反応がみられます。
やはりインフルエンザウイルスA型のようです。
稼働率は100%face10
医者からもらった薬で症状は緩和してきていると思うのですが、ウイルスの勢力はあまり衰えてはいないようです。
こうして患者さんに手を当てながらエネルギーテストをしていますと私の頭、特に頭頂骨から後頭骨にかけて何かモヤ〜っとした重さが感じられますface08
私の感覚なのですが、ウイルスが体内に入り込んでくるとこのような感覚が起こります。
このウイルスの抗体は既に患者さんから頂いてface02icon10獲得しているはずなのですが、稼働率の高い状態でウイルスが入り込んできますと体が反応するようですface10

まずは患者さんのウイルス反応を解除し、稼働率を0%にまで引き下げますicon15
そして続けて私の体のウイルス反応を解除します。
次に患者さんの気管をエネルギーテストしてみますと強い異常反応がみられます。
風邪性の気管異常の反応です。
これを解除します。
それでも気管は変わらず異常反応のままです。
さらにエネルギーテストで解読してみますと風邪性の鼻腔異常の反応がみられます。
ウイルスを含んだ鼻水がのどに下りてきて、その鼻水が気管を炎症させて咳を誘発するのではないかと思います。
風邪性の鼻腔異常を解除します。


「風邪が早く経過すように施術しておきました。
咳も少しずつ落ち着いてくると思います」


「ありがとうございます。来たときよりもずっと楽です。
これで治っていきそうな気がします」



今季、インフルエンザウイルスが流行し始めた頃は、感染している人のほとんどがA型の香港型だったように思います。
それが後半過ぎてから、ソ連型が流行したように思います。
私の非科学的なエネルギーテストの言うことですので真実かどうかはわかりませんが。
実際はどうでしょう?face02


記事の内容は私の独断と偏見による非科学的な検査法を用いたお話です。
どうぞフィクションですので、楽しんで読んでいただけたらと思います。

★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp
  


Posted by 心羽 at 15:40Comments(0)エネルギーテスト

2015年02月23日

高熱

ある日の施術例(4)より
「高熱」


今回ご紹介させていただく患者さんは子供さんです。
2日前から38℃〜39℃の熱が続いているということでお母さんが連れて来られました。
もしかしてインフルエンザではないかと思って小児科を受診したところ、検査ではインフルエンザではないという診断だったようです。
「おそらく、普通の風邪でしょう」ということで解熱剤がでたようなのですが、それでも熱がなかなか下がらなかったようで、こちらに来られました。
子供さんの顔は赤く火照っていて、呼吸も浅く、とてもだるそうですface10
2日間も高熱が続きますと小さい体にとってはかなりの体力が消費されてしまいます。

施術開始です。
エネルギーテストしてみますとやはりウイルス反応がみられます。
医師の診断ではインフルエンザではないということですが、私のエネルギーテストでもこれはインフルエンザではありません。
私は医師ではありませんので診断はできませんがエネルギーテストでは、
アデノウイルスの反応です。
(私の非科学的な検査ですので、どうか信じないでくださいface02icon10
のど風邪のウイルスとしてメジャーなウイルスです。
ウイルスの稼動状況を読み解いてみますとほぼ100%
これでは子供さんがかわいそうですface10
すぐにこのウイルス反応を解除し、稼働率を0%にまで引き下げますicon15

「私なりにウイルスが排泄しやすくなるように施術しておきました。
これで少し様子をみていただけますか?」

「ハイ、ありがとうございます」

「ちょっと○○君のおでこに手を当ててみてもらえますか?
施術前と比べますと熱感が違うと思うのですが」

「ハイ、あっ、さっきよりも熱くないような気がします」

「たぶん、これで落ち着いてくると思います」


翌々日、お母さんからメールをいただきました。
前回の施術の後に熱が下がり始め、翌日の朝にはほぼ平熱に下がり、その後も平熱のまま安定しているようです。
幼稚園はまだ休ませているようですが、今は家でいつものように遊んでいるとのこと。
(良かった、良かったface02)


記事の内容は私の独断と偏見による非科学的な検査法を用いたお話です。
どうぞフィクションですので、楽しんで読んでいただけたらと思います。

★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp
  


Posted by 心羽 at 12:10Comments(0)エネルギーテスト

2015年02月20日

肩こり

ある日の施術例(3)
「肩こり」


「肩は両側が凝るのでしょうか?」

「ハイ、両方です」


「いつ頃から肩こりが始まったのでしょうか?」

「えー、もうずっとです。
仕事をするようになってからだと思うんですけど。
もう10年以上です」



この方のお悩みの症状は、慢性的な肩こりです。

施術開始です。
肩に手を当てますと両肩とも肩の筋肉が盛り上がっていてパンパンになっています。
エネルギーテストをしてみますと強めの異常反応です。
これは辛そうface10

エネルギーテストを続けます。
筋肉の異常反応です。
どの筋肉か・・・僧帽筋です。
僧帽筋の異常反応を解除します。
それでも肩から発せられる異常反応は解除されません。
つまりこの肩こりの原因は仕事による筋肉疲労ではないということです。
更なる根本原因があるのです。
原因は内臓です。
どの内臓か・・・子宮です。
子宮の異常反応が肩に表れています。
このブログ記事を読んでくださっている方は不思議に思われると思いますが、気の反応を利用したこのエネルギーテストで患部を読み解いていきますと、そこに影響を与えている根本原因を読み解くことができるのです。
この方の肩には子宮が大きく影響を与えている反応が表れています。
この子宮異常はさほど心配するほどのものではありませんが、血流が悪くなっているのではないかと思います。
ここで子宮の異常反応を解除します。
すると肩の気のテンションが上がってきましたicon14
肩の位置が下に下がってきて肩の筋肉が弛み始めてきました。

「今、肩の調子はいかがですか?」

「ハイ、途中から段々と楽になってきて、今肩がとても軽いです」

「良かったです」face02

おそらく子宮の体質が改善されると、肩も凝りづらくなると思います。


慢性的な肩こりで悩んでいる方は多いです。
そういう方は常に肩の筋肉が炎症を起こしているように思えます。
肩こりに慣れている方は「これが普通なんです」とさほど心配には思わないようですが、
私からすればとても正常とはいえません。
慢性的に肩が凝っている方(肩に限らずですが)はその背景に内臓の異常が絡んでいる場合が多いです。
内臓が絡んでいるという表現をしますと何か脅しているような言い方ですが、深刻な病気、例えばガンなどのような大きな病気ではなくても内臓の状態は筋肉や骨に反映され、症状の原因になることがよくあるのです。
肩凝りでお悩みの方、マッサージなどで楽にするのも良いと思いますが、根本的な改善が大切です。
我慢せずに、ぜひご相談ください。



記事の内容は私の独断と偏見による非科学的な検査法を用いたお話です。
どうぞフィクションですので、楽しんで読んでいただけたらと思います。

★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp
  


Posted by 心羽 at 18:26Comments(0)エネルギーテスト

2015年02月18日

胃の不快感

ある日の施術例(2)
「胃の不快感」


ここ数日、胃が不調で特に食後に違和感が強くなるそうです。

「今現在は胃の調子はいかがですか?」

「今は食後ではないんですけど、でもずっと常に不快感は
あります」


「わかりました」


施術開始です。
胃の状態をエネルギーテストしてみますと異常反応がみられます。
患者さんが感じているのは間違いなく胃の不調のようです。
この胃の異常エネルギーの性質は?・・・風邪ウイルスが影響しているように思います。

「今、風邪をひいていますか?」

「いいえ、ひいてません」


「そうですか」

ウイルスの稼働状況を解読してみますと稼働率としてはおよそ60%といったところです。
ここでウイルスを不活性化する施術を行ない、稼働率をほぼ0%にまで引き下げます。
そして胃の異常反応を解除する施術を行ないます。
すると胃の気のテンションが上がってきました。
(予想通り!)

「今、胃の調子はいかがですか?」


「ハイ、胃がすぅーっとして楽になってきました、ありがとう
ございます」


「良かったです」face02


今回の胃の不快感はおそらくこれで大丈夫だと思います。
おそらくウイルスの付着した手で、またはウイルスの付着している食べ物を食べたのが原因ではないかと思います。

私の勝手な憶測ですが・・・、
今回胃に存在していたウイルスはインフルエンザウイルスだったのではないかと思います。
ウイルスにはいろいろありますが、ウイルスによってすべてエネルギーの性質が違います。
施術の際には必ずウイルスの性質を読み解いて、私なりに判別しながら施術しています。
何人かの患者さんからの情報では、インフルエンザの流行は終息方向にあるようですね。
皆さんのまわりではいかがでしょうか?
患者さんのお身体を拝見していますと、まだインフルの後始末作業が続きそうです。



記事の内容は私の独断と偏見による非科学的な検査法を用いたお話です。
どうぞフィクションですので、楽しんで読んでいただけたらと思います。

★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp
  


Posted by 心羽 at 13:40Comments(0)エネルギーテスト

2015年02月11日

首の痛み、首が回らない

ある日の施術例(1)
「首の痛み、首が回らない」


1ヶ月前頃から首が回りにくくなったそうです。
特に顔を右に向けたときに首の右側に痛みが走り、左を向いてもやはり首の右側が突っ張って痛むそうです。
真っ直ぐ向いているときは痛みはないそうです。
原因はよくわからず、いつの間にか寝違えたのが慢性的になってしまったのかもしれないとのこと。

施術前の状態確認で、首を左右に動かすようにお願いしたところ、両側とも向きづらそうですがやはり右側の方が向きづらそうです。
向きづらいというより、ほとんど向けてません。

施術開始です。
首をエネルギーテストしてみます。
首全体に異常反応を感じますが、特に右側に強い異常反応を感じます。
さらにエネルギーテストを続けてみますと筋肉の異常反応がみられます。

どの筋肉か?・・・僧帽筋です。

僧帽筋の異常反応を解除します。

次に・・・頸椎の転位反応がみられます。

何番か?・・・頸椎4・5・6・7番です。

そして、頸椎4番と5番の間、頸椎5番と6番の間、頸椎6番と7番の間椎間板の変性反応もみられます。

ずいぶんと首が歪んでいます。
これらの異常反応をすべて解除します。
施術前の首の傾きは改善され、硬直もだいぶ弛んではきましたが、エネルギーテストをしてみますとまだ異常反応が続いています。
この首は日頃の悪い姿勢で歪めてしまったのではなく、他からの原因のようです。
内臓のようです。
どの内臓か?・・・脳です。

脳のどの部位か?・・・大脳です。

大脳の異常反応がみられます。
この大脳の異常は病院でMRIなどで検査しても異常映像としては出てこないタイプのものです。
大脳異常の中でもっとも施術する頻度の多い異常です。
大脳の体質改善を図るべく、異常反応を解除します。
これで首から発せられていた異常反応はすべて解除できましたicon01
(ふぅ~、よしよし!face02)

状態確認で首を左右に動かすようにお願いしたところ、左右両方とも動かせるようになり、可動範囲が広がったようです。
(よかったぁface02)

右側にいっぱいまで向けたときに最後のところでほんのちょっと硬さがまだ残るようですが、おそらく明日にはその残る硬さもとれていると思います。
問題はなぜ大脳に異常が起きているのか、特に右側が強いです。
おそらくこの大脳の異常は精神的なもの。
原因を解読していると患者さんの方から

「先生、ストレスが原因で首が痛くなることはありますか?」

「思い当たることはありますか?」

「ハイ、実は・・・」


お話の内容から察して、今回の大脳の異常は極度のストレスが原因と思われます。
でも今は、そのストレスの原因も解決方向にあるようなので、首の痛みも再発することはないはずです。

「首が楽になりました! これで安心して車の運転ができます」
と喜んで帰られました。

極度のストレスは脳に緊張を与え、血流を悪くし、やがては脳の体質を変えてしまうことがあります。
するとそれが身体に影響を与え、さまざまな異常感を出すことがあるのです。
これは珍しいことではありません。
ストレスにどのようにして向き合うか、これは私たちの課題です。


記事の内容は私の独断と偏見による非科学的な検査法を用いたお話です。
どうぞフィクションですので、楽しんで読んでいただけたらと思います。
お付き合いくださり、ありがとうございました。


  


Posted by 心羽 at 20:09Comments(0)エネルギーテスト

2015年02月04日

ウイルスの影響




約1年半ぶり、久しぶりに記事の更新です。
施術以外の空き時間を技術の研究・向上に費やすため、誠に勝手ながら記事の更新をしばらく休ませていただきました。
ご相談のメールをくださった方、なかなかすぐに返信できずに申し訳ありませんでした。
また記事を再開したいと思います。
私の施術はエネルギーテストという、気の反応を利用したテスト法を用いながら行ないます。
記事の内容はすべて、エネルギーテストに基づく、またはそれに関する内容になります。
ご質問もまたお受けしたいと思っています。 どうぞまたお付き合いください。

この季節、風邪が流行ります。 皆さんはいかがでしょうか?
風邪にはウイルス感染が伴います。
施術を通してエネルギーテストをしていますと、自覚症状のある方はもちろんですが、自覚症状のない方にもウイルス感染しているのでは!?と思うことがよくあります。
ご自身に風邪症状が出ていなくても、ご家族に風邪をひいている方がいらっしゃる場合、職場で風邪をひいている方が近くにいらっしゃる場合、ご自身も既にウイルスに感染している可能性が高いです。
この時期に多い症状で、頭がボーっとする、または頭がフワフワする、魂が抜けそうな感じ!?、目がショボショボする、睡眠の質が悪い、そういう症状の方を診させていただきますとウイルス反応が出ることがよくあります。
「今、風邪をひいていますか?」と聞いてみますと、「いいえ、風邪をひいている自覚はありません」と答える方がほとんどです。
確かに、鼻腔やのど・気管にはウイルスの反応はありません。
反応として表れているのは大概、目・頭です。
これは医学的に言われていることではなくて、私個人の見解になりますが、花粉もそうですが、おそらくウイルスも空気中から目の粘膜に張り付いて体内に入り込むことがあるのではないかと考えています。
その場合、すぐにはのどの痛み、咳、鼻水にはなりません。
はっきりとした症状として出るとすれば、発熱と頭痛です。
思い当たる方は多いのではないかと思います。
鼻や口はマスクで防御できますが、目は防御するのが難しいポイントです。
防御するには花粉症対策の眼鏡?ゴーグル?などを付けるしかないと思います。
それもちょっと抵抗がありますね。
人がたくさん集まっているようなところ、例えば大型のお店さんなどでしばらくウロウロしていますと、それだけでもウイルスを拾ってしまうことがよくあります。
この時期は仕方がないのですが、でもなるべく防ぎたいものです。
外出から帰ってきましたら、うがい、手洗いに加えて目洗いも追加すると良いです。
水の中で目をパチパチするだけでも違うと思います。


記事の内容は私の独断と偏見による非科学的な検査法を用いたお話です。
どうぞフィクションですので、楽しんで読んでいただけたらと思います。
お付き合いくださり、ありがとうございました。

  


Posted by 心羽 at 09:42Comments(2)エネルギーテスト