2013年04月18日

整体室の水道水(後編)

今回、第2回目にお送りするテーマは前回に引き続き、整体室の水道水(後編)です。

インターネットの塩素に関する記事で読んだのですが、水道水にレモン汁を数滴入れるだけで塩素を除去できるというのです。
加えるべきレモン汁の量は、コップ1杯の水に対して1滴で大丈夫だそうで、1リットルの水に対しては2~3滴で塩素を除去できるというのです。
なんでも試すことが大好きな私!face02
早速、実験してみました。
その記事によれば、新鮮なレモンの果汁ではなくてもよいということなので、我が家の冷蔵庫にあったレモン汁を持ってきました。

                   

これで本当に塩素が除去できるのでしょうか!
ちょっとワクワクですface02
では、水道水を容器に注いで目の前に置き、まずはレモン汁を入れる前の水道水のエネルギーを計測します。
水の中に左手を入れて、水のエネルギーを私の身体に流し込み、身体に感応させ、エネルギーの強弱を測ります。

              

結果は、、、、、 マイナスネルギー以上 と出ました。
前回と同じ結果です。

それでは、レモン汁を入れてみます。

ちょっと待った!! (心の声)

このレモン汁、本当に大丈夫だろうか?
レモン汁に食品添加物などが入っていますとマイナスエネルギーを発してしまう可能性があるのです。
まずはこのレモン汁からテストしなくてはいけません。
しかも、賞味期限を見てみますと 2013.4.24 これは厳しい~!
とりあえず、計測してみます。
レモン汁を数滴、左手の上に垂らします。

                

レモン汁のエネルギーを私の身体に流し込み、身体に感応させ、エネルギーの強弱を測ります。

              

結果は、、、、、プラスエネルギー と出ました!
少々、意外でしたが大丈夫のようです。

では、水道水にレモン汁を1~2滴入れます。
そして、レモン水となった水の中に左手を入れて、レモン水のエネルギーを私の身体に流し込み、身体に感応させ、エネルギーの強弱を測ります。

              

結果は、、、、、エネルギー と出ました!
プラスエネルギーに転じることはありませんでしたが、それでも見事にマイナスエネルギー5以上からエネルギー0へと水が浄化されました
沸騰させるよりも効果があります。
レモンって凄いことができるんですね!

                

インターネットの記事の説明によりますと、レモンに含まれるビタミンC塩素と化学反応を起こして、塩素以外の物質(酸化ビタミンC+水+塩)に変化するそうで、本当に塩素がなくなるのだそうです。
化学に疎い私としては、「へェ~、そうなんですか!」といった感じなのですが、とても面白いと思いました。
ですが、それでも気分的にこの水を飲みたいとはあまり思えません。

            

レモン君、ごめんなさいface10


ちなみに、私が住んでいる新発田市の家の水道水をエネルギーテストしてみますと、
マイナスエネルギーと出ました。
やはり、地域や建物によっても差があるようです。
新発田市の水、私にとってはマイナスエネルギー2と出ましたが、他の者にとってはどのような結果が出るでしょうか?
このマイナスエネルギー2とは、あくまでも私にとっての数値なのです。
ということで、ここで私の妻に登場してもらいます。

                      
                   

とは言いましても、妻はエネルギーテストをすることができませんicon15
なので、応用編の方法をとります。
まず、妻の左手を水の中に入れてもらいます。
そして、水が妻の身体に与えている影響、起こっている反応を私が妻の右手を握ることによって、私の身体に流し込み、身体に感応させ、エネルギーの強弱を測ります。

          

すると結果は、、、、、マイナスエネルギー と出ました!

この結果は、私よりも妻の身体の方が、我が家の水道水(塩素)の影響を受けているということを意味しています。
考えられる理由としては、私と妻とでは身体の抵抗力・解毒力に差があること。
そして何よりも妻が料理やお風呂の掃除、洗濯などの家事の全部をこなしてくれているので圧倒的に水に触れる機会が多く、それだけ水道水の毒素を吸収してしまっていると考えられます。
妻の手指が荒れやすいのも、この水道水の塩素が関与しているのかもしれません。
整体室の浄水器よりも我が家の浄水器を先に検討する必要があるようですicon10



                        




エネルギーテストして欲しい、食べ物・飲み物、日用品等ございましたら、可能な限り
 (予算の許す限り!?)、ご要望にお応えしてテストしていきたいと思います。
 どうぞお気軽にメールでお問い合わせください。


過去の『エネルギーテスト』の記事です http://seitai.niiblo.jp/c9756.html


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp  


Posted by 心羽 at 18:10Comments(0)エネルギーテスト

2013年04月15日

腰痛の治し方:手順⑦

⑦再び、腰椎の2側の硬直を弛める
相手には、またうつ伏せで寝てもらいます。
背骨の観察ができる方は、確認のために椎骨の状況を読み取ってみてください。
最初と比べてみますと、椎骨の状況に変化がでているはずです。
相手の身体を跨いで、硬直していた腰椎の2側を再び押さえてみます。
最初に押さえたときと比べてみますと硬直が弛んでいるはずです。
まだ硬直が残っている場合、ここで改めて押さえて愉気をしていきます。
相手の呼吸を感じながら、相手が息を吐くのに合わせて押さえていき、吸うのに合わせて押さえた力を弛めていきます。
気持ちのよい、軽めの程度の強さで押さえ、これを数回繰り返し行ないます。
最初よりも弛みやすくなっていて、気が通りやすく、指が吸い込まれるように入りやすくなっているはずです。

          

ここまで腰痛に対する愉気のポイントをいくつかご紹介してきましたが、ここまでのことを行なえば、腰の痛みは以前よりも改善しているはずです。
たとえ、1回の操作で痛みが全部とれなくても焦らずに、以前よりも軽くなっていれば良しとみなしてください。
数日後にまた行ないますと、さらに痛みがとれやすくなっていることが多いです。
特に頑固な腰痛の方を相手にする場合は、数回繰り返し行なってみてください。


過去の『腰痛の治し方』の記事です http://seitai.niiblo.jp/c9304.html


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp
  


Posted by 心羽 at 13:43Comments(0)腰痛の治し方

2013年04月11日

腰痛の治し方:手順⑥

今回は前々回の記事の続きに戻って腰痛の手当てです。

⑥臍(へそ)に愉気をする
腰痛の最大の急所、それは『へそ』なのです。
ここでいう『へそ』とは、へそそのものというよりもへそを中心とした『お腹』というように捉えてください。
腰に異常がおきているときは、へそに力がなく、息が深く入っていません。
へそに力がないということは、腰に力が入らない、つまり腰がきちんと定まっていない状態を意味しています。
そのままの状態で行動すれば、腰椎はズレやすく、腰痛をおこしやすくなります。
言い換えますと、腰の背骨がズレているということはへその力にも歪みがある、ということなのです。
そこで整体では、腰痛の人にへそに愉気することをよく行ないます。
へそに愉気をするといいますと、腰とは関係のないことをしているように思えるかもしれませんが、実はとても重要な腰痛の調整点であり、また予防点でもあるのです。

          

愉気を続ける目安は、相手の呼吸が深くなるまでです。
呼吸が深くなってきますと、へそに当てているこちらの手にへその気が満ちてきて充実した感じ、という感覚がわかってくると思います。
すると腰も本来の力を取り戻し、改善が早くなります。
へそに弾力がある、気で満たされている、ということはとても大切なことなのです。


過去の『腰痛の治し方』の記事です http://seitai.niiblo.jp/c9304.html


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp   


Posted by 心羽 at 12:23Comments(0)腰痛の治し方

2013年04月05日

整体室の水道水(前編)

 ここでご紹介していく内容とは、私の愉気の感覚を使って(それとある道具を使って)、いろいろなもののエネルギーの状態をテストしてみようという試みのお話です。
これは私の主観的な手の感覚で行なっています。
なんの科学的根拠も保証もありませんicon10
どうか広い心をもって、読んでいただけたらと思いますface02


 最初に説明しておきたいことがあります。
これから使っていく用語として、『プラスエネルギー』という言葉があります。
これは、身体にとって良いエネルギーを意味します。
逆に、『マイナスエネルギー』という言葉があります。
これは、身体にとって悪いエネルギーを意味します。
そして、プラスエネルギーマイナスエネルギーの程度をそれぞれ5段階で評価していきます。
プラスエネルギー5は一番良い評価になります。
逆にマイナスエネルギー5は一番悪い評価になります。
そしてエネルギー0は、プラスでもなく、マイナスでもなく、その中間、ニュートラルな状態を意味します。


 では今回、記念すべき第1回目にエネルギーテストをするのは、です。
私たち人間をはじめとするすべての生き物は、水に支えられて生きています。
人間の身体の60%は水。
人間にとって、生物にとって、水はかけがえのない存在です。
いろいろな角度から水をテーマにしていきたいと考えていますが、今回は私の整体室、自然健康堂の水道水をテストしてみたいと思います。
テストする前から、悪い結果が出ることは予想されますが、どの程度悪いのか、ちょっと調べてみたいと思います。

               

まず、水道水を容器に注ぎ、目の前に置きます。

             

そして、その水の中に左手を入れて、水のエネルギーを私の身体に流し込み、身体に感応させ、エネルギーの強弱を測ります。

                        

             


結果は、、、、、 マイナスネルギー以上と出ました!face08
いきなり最悪の数値を出してしまいましたface10
マイナスに出ることは予想していましたが、改めて生水として飲むには身体に良くない水であることを実感です。

マイナスエネルギーとして結果が出た原因は2つ考えられます。

1つは塩素です。
水道水に塩素が入っていることは、皆さんご存知だと思います。
塩素は、発ガン性物質のトリハロメタンの元になっています。
日本は川の水を原水にすることが多いのですが、川の水がかなり汚れているため、どうしても大量の塩素によって水を浄化する必要があるようなのです。
しかし、塩素に関する記事をインターネットや本で調べてみますと身体に与える悪い影響の内容のものがいろいろ書かれていまして、例えば塩素が身体に触れますと皮膚から水分を奪って肌の保水力や保湿力を低下させ、乾燥肌や敏感肌の症状を悪化させると伝えています。
また、塩素は喉や呼吸器の粘膜にも傷つけ、喘息等の呼吸器疾患を悪化させるとも書かれています。
アレルギーで悩んでいる方には深刻です。
それから、塩素の含んだ水道水で野菜やお米などの食品を洗うとビタミンの10~30%が損失するということも書かれていました。
塩素の酸化力により食品のビタミンが還元され低下していくらしいのです。
私たちの家庭に水を安全に供給するには塩素はどうしても必要不可欠なものですが、私たちの身体を守るためにその塩素に対する対策も必要のようです。


そして、マイナスエネルギーとして結果が出た原因の2つめは、マンションの水ということです。
マンションの水は、水道水を貯水タンク(屋上に設置されているところが多いようです)に貯めておいて、そこから各家庭に供給されるようになっています。
タンクの中は清潔に保たれるように、定期的な点検・清掃を行なっているようなのですが、それでもタンクの中はとても汚れているそうで、マンションの水に関するブログや掲示板などを読みますと、貯水タンクの不衛生の話題が多いのでゾッとしますface08
特に古いマンションはそうらしいです。


ここで更なる実験です。
水道水は塩素が気になる場合、沸騰させてから飲むと良いということをよく聞きます。
早速、試してみました。
沸騰してから、そのまま10分間、煮沸を続けます。
そして常温に冷めるまで待ちます。
ほぼ常温になったのを確認してから、容器に注ぎ、左手を入れます。
ここでまた左手から水のエネルギーを身体に流し込み、身体に感応させ、エネルギーの強弱を測ります。

             

結果は、、、、、 マイナスエネルギー と出ました!
沸騰させる前と比べますと多少は改善されたようです。
やはり沸騰することで塩素が揮発するのでしょうか。
それでもまだ、マイナスエネルギー2の値です。

そして、12時間ほど経過してから再度、同じ水をテストしてみました。

             

結果は、、、、、 マイナスエネルギー と出ました!
12時間前と同じ結果です。
12時間経過させたことで塩素がさらに揮発するかと思ったのですが、塩素以外にも良くないものが入っているのでしょうかicon15


今回のエネルギーテストの感想ですが、やはりマンションの水は生のままでは飲まない方が良いようです。
特にアレルギーで悩んでいる方は、飲まないことをおすすめします。
これが普通の一般住宅では結果は違ってくると思います。
さらに新潟県の中でも地域によって異なってくると思います。
ここで思い付くのが浄水器!
浄水器を付けた水道水はどれだけ違うのでしょうか!
ご自宅に浄水器を付けている方、我が家の水を診て欲しいという方がいらっしゃいましたら喜んでテストさせていただきますface02


エネルギーテストして欲しい、食べ物・飲み物、日用品等ございましたら、可能な限り
 (予算の許す限り!?)、ご要望にお応えしてテストしていきたいと思います。
 どうぞお気軽にメールでお問い合わせください。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp  


Posted by 心羽 at 11:18Comments(0)エネルギーテスト