2010年06月23日

②腕の力を抜く

 相手の身体に圧力を加えないようになるべく肩・肘・手首・手の力は抜いてください。

力を入れすぎてしまいますと手の感受性が鈍くなり、すると相手の身体の気の反応がわかりにくくなってしまったり、骨の位置や筋肉の緊張や弛緩が観察しづらくなってしまうのです。

そして、愉気を受ける側も無意識のうちに身体を緊張させてしまいます。

リラックスしているつもりでも、緊張させてしまうことがあるのです。

こちらの手と相手の身体との間に紙一枚入るか入らないかくらいの感じのイメージを持ってそっと触れてください。

また物をドンと置くように無造作に触れるのはいけません。

他人に不意に身体を触られるとドキッとするものです。

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、自分で気を付けていても、つい相手の身体を緊張させてしまうような触れ方をしてしまう場合、それは愉気を行なう側の心の内面の現れなのかもしれません。

つい手に力が入ってしまうのは愉気を行なう側の心や頭の中が落ち着いていない為と言えますし、無造作に手を当ててしまうのも、相手の呼吸・空気を読もうとしない心の鈍さ、強引さによるものとも言えるのです。

そうした心の乱れや相手に対する気配りの無さ、強引さは、相手の身体に、そして心にもそのまま伝わってしまいます。

それは無意識のうちのことですから、お互いに自覚のないことですが、相手との純粋な同調・共鳴を得るためには、愉気を行なう側の心が頑なであってはいけません。

不安や緊張があってはいけません。

なるべく身体の力を抜いて、心を落ち着かせ、ゆったりとした気持ちで相手の身体をよく観察しながら触れてください。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)  


Posted by 心羽 at 14:05Comments(0)愉気法

2010年06月18日

①着手のタイミング

 相手の身体に手を当てるときは、相手が吐く息に沿って、吐く速度に合わせて触れてください。

ちょっと高度な技術の話になってしまいますが、吐く息に合わせて手を当てますと相手も緊張せずにこちらの手を受け入れてくれます。

これが逆に吸う息で手を当てますと相手にとって触覚的負担となり、相手の身体が緊張する場合があるのです。

本当は息を吸いきって、吐きに移る手前のわずかな瞬間、これを「呼吸の間隙」といいますが、そのタイミングに合わせて触れるのが本式なのです。

ですがこれは更に高度すぎますので、吐く息のタイミングを心がけてやってみてください。

とは言いましても吐く息のタイミングの着手も、そう簡単ではありません。

最初は、呼吸のタイミングを計るために愉気をする側が緊張しすぎてもいけませんので、先ずは自分がリラックスをして手を当てるということを重要視して、相手の呼吸は無視しても構いませんので、“ただそっと触る”ということを第一に意識してやってみてください。


 手を離すときは、逆には相手が息を吸うときに、吸う息の速度に合わせて、手を離すようにします。

その方が相手に緊張を与えず、自然に手を離すことができます。

それも難しいようでしたら手を離したくなったときが離し時です。

『もういいかなあ』と思ったり、面倒になってきましたらそこで手を離してください。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページです
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)  


Posted by 心羽 at 15:36Comments(0)愉気法

2010年06月11日

稽古②

 着手の方法は「稽古①」と一緒で、相手の吐く息の速度に合わせて、相手を緊張させることのないように左手を相手の左肩に置きます。

そして、右手を相手の身体から10cmくらい上に離した高さで背骨の上にかざすようにしながら首から肩・背中・腰・仙骨のあたりまで動かしてみてください。

このとき右手で相手の背中の気配を感じていくように手を動かしていきます。

すると、掌がビリビリと感じられる処とか、熱く感じられる処とか、冷たく感じられる処とか、掌が引き寄せられるように感じられる処とか、あるいは反発されるように感じられる処とか、風が吹いているように感じられる処とか、様々な感覚が起こるのがわかります。

反発する処以外はすべて異常部位とみます。

ちなみに、反発する処は力が充実していることを意味しています。

感じられる異常部位が1ヶ処の場合、そのまま右手を当てて愉気をします。

感じられる異常部位が2ヶ処の場合、左手と右手をそれぞれの部位に当てて愉気をします。

感じられる異常部位が2ヶ処以上の場合、直感に任せて特に気になるところに手を当てて愉気をしてください。

しばらく愉気をしていきますと他の異常部位が連動して消える場合があります。

もし愉気しても変化が見られない場合、処を変えて他の部位から愉気をしてみるとよいでしょう。

しばらく愉気を続け、その冷たい処が温かく感じられたり、また引っ張られる処の引く力が無くなって満ちた感じが得られるようになるまで愉気を続けます。


ここで改めて気が通ったときの相手の身体の変化をいくつか挙げてみましょう。

○呼吸が楽になる、深くなる  ○筋肉の硬直が弛む  ○痛みの消失または強調  ○発汗  ○お腹が動く、鳴る  ○あくびが出る

以上のような変化が見られましたら、相手の身体から手を離します。

手を離すときは、相手の呼吸のリズムを妨げないように、相手が息を吸うときに、吸う息の速度に合わせて、背中が盛り上がっていくのに合わせて、手を離していきます。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)  


Posted by 心羽 at 16:43Comments(0)愉気法

2010年06月05日

稽古①

 先ずは最初、すぐには手を出さずに、しばらく相手の呼吸のリズムを見て感じてください。

吸う息で背中が盛り上がり、吐く息で背中が沈むので分かると思います。

次に、相手の背中のどこでもよいので、相手が息を吐くのに合わせて、両掌を軽く触れる程度の感じでふわりと乗せます。

このとき、相手の吐く息の速度に合わせて、相手の呼吸のリズムを妨げないように注意してください。

こちら側は、肩・腕に力が入らないようにリラックスを保ちます。

両手を乗せましたら、背中の上で合掌行気をするような感覚で気を通していきます。

手の指先から腰まで息を吸い込み、腰から指先まで息を吐いていくようなイメージで呼吸を行ないます。

合掌行気の手を相手の身体に馴染ませるようなつもりで、同調させるように、しばらくこちら側の呼吸のリズムを相手の呼吸のリズムに合わせ続けます。

しかしこのとき、相手の呼吸に引きずり込まれないよう、こちら側の冷静な深い呼吸の余裕はもっていてください。

そうしてしばらく呼吸の同調を続け、気が相手の身体に通り始めてきますと、あるときを境に相手の呼吸がだんだんと変わり始めます。

そしてしだいに落ち着いた深い呼吸へと変わっていきます。

相手の呼吸が変わり、背中に汗ばんだ感じがでてきましたら、気が通ったという目安になります。

その頃には硬直していた筋肉が弛んでリラックスしているでしょう。

相手の身体から手を離すときは、やはり相手の呼吸のリズムを妨げないように、今度は相手が息を吸うときに、吸う息の速度に合わせて、背中が盛り上がっていくのに合わせて、手を離していきます。


 先入観も、何の意図もなく、ただ相手の呼吸のリズムを感じて、それに合わせて載っていく、という純粋さが必要です。

こちら側の深い呼吸は見失わず、さらに一歩進みますと相手の呼吸をリードしていくことができますが、それは相手との同調・共鳴があってのことなのです。

人生観においてもそうですが、先ずは相手を理解するということが大切です。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)  


Posted by 心羽 at 12:23Comments(0)愉気法

2010年06月01日

男の子でも女の子でも同じ愛情を

 『男の子が欲しい』、『女の子が欲しい』、妊娠を希望されている方にはそういう気持ちがあるかもしれません。

人それぞれの理由があって、そういう希望はあってもよいと思います。

ですが、もし妊娠がわかりましたら、その希望はどうか無くしていただきたいのです。

性別の希望は関係なく、赤ちゃんが宿ってくれたことをただ喜んであげてください。

妊娠生活が進んで、お腹の赤ちゃんの性別がどちらかわかって、自分が望んでいた性ではなくてもどうか残念に思わないでいただきたいのです。

『女の子が欲しかったのに、何だ、男の子かぁ』とガッカリしないことです。

どうしてかといいますと、その感情はたとえ口に出さなくても、すべてお腹の赤ちゃんに届いているからです。

お父さんお母さんのそういう気持ちに気付いたお腹の赤ちゃんは、赤ちゃんながらも心に深い傷を負ってしまいます。

お腹の赤ちゃんが、『僕は違う、僕は望まれてはいないんだ、生まれてはいけないんだ』と自覚してしまうと、逆子になったまま動かなくなってしまったり、自分でへその緒を首に巻いたりすることがあるのです。

また男の子として生まれた赤ちゃんが、成長して思春期になってから、女性に憧れたり、女性の真似をしたり、逆に女性を毛嫌いしたりなど、コンプレックスとなって現れることにもなりかねません。

男の子が欲しくても、女の子が欲しくても、「私たちの子供になってくれて、本当にありがとう」と心から感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

そして無事に健康に生まれてくることを想い、お腹の赤ちゃんと楽しくコミュニケーションをとるように心がけてください。

お腹の赤ちゃんも、緊張したり、リラックスしたり、怒ったり、喜んだり、笑ったりと既に人間的な感情をもっています。

お父さんお母さんに会いたくて、お父さんお母さんの子供になりたくて、さまざまな難関を乗り越えてやってきてくれた存在なのです。

たとえ自分の欲しかった性の赤ちゃんではなくてもすぐに気持ちを切り替えて愛情をたっぷり注いであげてください。

お腹の赤ちゃんはお父さんお母さんを幸せにしたくてやってきてくれたのですから。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)  


Posted by 心羽 at 10:21Comments(0)妊娠中の過ごし方