2010年12月18日

脚湯

効果:消化器系の異常(便秘、下痢、食あたり、食べすぎなど。)

①足湯と同様にちょっと熱めの温度で、両膝の上まで両脚をお湯に入れます。
 お風呂で浴槽に腰をかけながら行なうとよいです。

          脚湯
                 
②お湯が冷めないように、時々、さし湯をしながら8分間温め続けます。

②8分後、お湯から脚をあげて、左右の脚を乾いたタオルでよく拭いてください。
 そして、両脚の色を比べてみて、赤みの薄い方の脚を更にもう2分間温めます。

③左右の脚の赤みがそろいましたらタオルでよく拭いて終了です。

最後に水を飲んでおくとよいでしょう。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/
                 《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp



同じカテゴリー(部分浴)の記事画像
肘湯
足湯
同じカテゴリー(部分浴)の記事
 肘湯 (2011-08-22 16:24)
 足湯 (2010-12-17 10:22)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。