2012年02月22日

頭痛

             

上頸操法を行ないます。

             

上頸の処がとても硬くてなかなか弛まない場合、鼻柱の温湿布を行なってみてください。

             

それから上頸操法を行ないますと上頸の処が弛みやすく気が通りやすくなります。
また、頭痛に目の温湿布も効果的です。

           

眼の疲れから首の緊張が抜けず、それで頭痛になっているものも多いのです。


★お付き合いくださり、ありがとうございました・・・感謝していますface02

                     整体室のホームページですicon25
                http://www.h4.dion.ne.jp/~shizen-k/                 
                《過去のブログ記事を整理して掲載しています》

『新潟整体室自然健康堂(野口整体)』
新潟市中央区東大通2-2-9 トーカン万代第二ビューハイツ810
                     TEL 025-243-0287
      (胎内市でも隔週の日曜日にて活動中)

ご予約のこと、ご質問等ございましたらメールでも受け付けていますので、
 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪
                          shizen-k@excite.co.jp



同じカテゴリー(風邪)の記事画像
風邪時の過ごし方
耳の異常感(耳の痛み、閉塞感など)
下痢
腹痛
鼻水
肺炎
同じカテゴリー(風邪)の記事
 風邪薬をお勧めしない理由 (2012-07-29 12:08)
 心理的にひく風邪 (2012-06-21 15:05)
 風邪時の過ごし方 (2012-05-04 16:30)
 耳の異常感(耳の痛み、閉塞感など) (2012-04-06 18:28)
 下痢 (2012-03-25 19:33)
 腹痛 (2012-03-21 09:42)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。